栃木市は24日、市の窓口となる栃木駅北口の女性公衆トイレにおむつ替え台を設置し、「赤ちゃんの駅」として登録しました。

f:id:wataru-hojo1111:20160825134139j:plain

△出典:下野新聞

 4月に子育て支援課が市内にある子育て施設の場所が一目で分かる「子育て施設ガイドマップ」を作成した際、利用者が多い栃木駅周辺におむつ替えや授乳の設備が不十分であることが判明。定例市議会の一般質問でも議論に上がり、同所に設置することになりました。

 「赤ちゃんの駅」は外出先でおむつ替えや授乳ができる設備のある公共施設や民間施設。乳幼児を抱えて外出する保護者をサポートしようと市は2011年から「赤ちゃんの駅登録事業」を開始しています。