参照した記事が、2ちゃんねる転載ブログなので、話半分以下のくらいで考えた方が良いと思うのだけど、以下の記事を読んで思ったこと。

青森県東通村が、村内で原発を立地・建設中の東京電力と東北電力から、
約30年間に計約157億円を受け取っていたことが分かった。
電力2社は「寄付金」や「負担金」として支出したと説明するが、
村はこれらの資金を予算の「雑入」に分類して見えなくしていた。
使い道の詳細も明らかにせず、不透明な財政運営を続けていた。

東電から157億円もらっていた青森県東通村がすげえwwww

 どうして、日本の行政は建物を作りたがるのだろうか?建物を作れば、そこに仕事が発生するのは、確かだけど、TVとかで見る、ほとんど人のこない温泉施設とかをみると、なんだかなぁ…と思う。


 ちょっと前にTVを見ていると、持ち出しで1億5千万円くらいの借金をしながら、潮力発電を研究開発している元船乗りの人がいた。研究が一定のレベルに達して、1億円の補助金が環境省から出るらしい。それを考えると、157億円ェ…。


 潮力発電の研究の様子をTVで見ていたのと、前後して…30年間で157億円も貰っていたのなら、そのお金で太陽光発電を研究・開発するなり、もしくは、立派な太陽光発電所を作ればいいのじゃないかな?と思ったが…原発のある市町村に、原発と並んで、太陽光発電所が並んでいるのは…非常にシュールだ。倒錯している…。根本的な何かが間違っている気がする。

 ただ、件の地震で原発関係で起きたことと、これからのことを考えたら、お金で解決出来る事もあるのじゃないか?と、解決できるお金もあったのじゃないか?と思った訳なのです。こまねち。